カテゴリー「ライブ・イベント」の記事

2012年10月21日 (日曜日)

ライブシネマ!

どうしても行きたかったのに諸事情で断念したトライセラのデビュー15周年記念野音ライブを、まさか地元の映画館で観られるとは!

”ライブシネマ”の類は今回が初体験です。
ただの映像と侮るなかれ、さすがの音響設備のおかげで臨場感は充分。何度も会場に居る錯覚に陥り、曲終わりで拍手しそうになっちゃった。
テレビでオンエアされるとしても、家じゃこんなに大音量・大画面では観れないですもんね。

たしか当日、唱くんが喉の不調を訴えていたと記憶しているけど
気にならなかったなぁ。
15年かけて培われたあうんの呼吸。
とても3人だけで出しているとは思えない豊かで厚い音。
全員歌えるからハモりもハイレベルでMCも面白い。
とにかく素晴らしくプロい&テクいバンドなのです。

そして和田唱のロマンチストっぷり。通常、日本人が口にしたら寒い、クサいはずのフレーズもなぜかこの人は許されるのです(笑)。じつにチャーミングな人です。最近、どんどんお父様に似てきましたね。

選曲は意外にソニー時代のものが多く、懐かしさもあってか何度も泣きそうになっちゃいました。
前後のMC、歌詞大間違い(笑)を含めた『プレゼント』は、一気に臨場感を倍増させてくれました。でも当初あそこはカットのつもりでいたそうで!
そんな事しなくて良かったよぉ~。
スタッフさんナイス助言です!

約2時間半、大満足な内容でした。
もうホント、行って良かった!
トライセラファンでこのライブを見逃した方はもちろん、
TRICERATOPSにちょっとでも興味ある方は是非観て!
まじオススメする!

詳細はこちらで↓


ライブシネマ「TRICERATOPS "GOING TO THE MOON"-15th ANNIVERSARY SHOW at HIBIYA MUSIC BOWL-」

| | コメント (0)

2012年1月15日 (日曜日)

tour de romantisme

1月14日土曜日。

元・
椿屋四重奏ボーカル、中田くんのライブに行ってきました。
バンド解散から1年。その間にピンでデビューしてアルバム出して全国ツアーって、展開早いですね。

約10年ぶりに足を踏み入れた横浜Bay Hall、昔はバスで行ってたけど元町・中華街駅ができたおかげで便利になりました。でも結構歩くけどね。おかげで今日は軽く1万歩超えましたよ。
だいぶ老朽化が進んだけど、この場末感は嫌いじゃない。曲の雰囲気にも合ってるしね。

短く切った髪とスーツ。会社員ぽいいでたちで登場。
バンドさんの安定感ハンパないです。
ギター超カッコイイ。
ヤン兄さんも更にカッコイイ。
中田くんは虫歯を治療して心配事がひとつ減ったそうで。確かに声の調子も良さそうだ。

・・・なんか、なんかさ、
バンドの時より全然のびのびしている姿がまぶしくもあり、せつなくもあり。
中田裕二の”夢のステージ”は、いつの間にかBUDOKANから紅白にシフトしていた・・・


まあ本人が前向きで楽しそうならいいか。
やっぱり彼の歌は好きだ。
椿屋の曲では盛り上がりの度合いが違うのは今のところしょうがない。
長い人生、とりあえず『恋わずらい』を超える代表曲の誕生を期待します。
良い曲どんどん作って聴かせてほしい。
次のアルバムも短いスパンで出そうな感じだから楽しみにしておこう。

「大人が楽しめる音楽をやりたい」ってどこかのインタビューで言っていたけど、個人的には大歓迎です。
ただ、黄色い歓声が茶色がかってくるのは覚悟してるよね?中田くん(笑)

そのわりには、今回の会場のチョイスどうなのよ?
やっぱりスタンディングは応えるわ。
ゆったり座って飲みながら聴きたいなぁ・・・

棒になった足をひきずりながら、スカイビルに最近出来たスタバに寄ったら、店員さんが美人揃いでなんか癒された。
女のあたしでさえこうだから、男性客にはたまんないでしょうね(笑)

B005Q27F0U ecole de romantisme
中田裕二
ワーナーミュージック・ジャパン 2011-11-23


by G-Tools

| | コメント (0)

2010年12月26日 (日曜日)

BRIGHTEST DARKNESS

迷った挙句、肋骨骨折にもめげず行ってきました、中野サンプラザ。
今回はめでたくソールドアウトでした。

ドラマのタイアップがついたり、ギタリストが交替したり、小倉さんに褒められたり・・・1年観ない間に彼らを取り巻く状況も変わったんだなぁと思いました。
安達さんほか、キャストのみなさんいらしてたらしいですね。2階にいたのに全然気付かなかったわ。

あたしのように、「座って観れるなら行く」派の人たちがたくさん参加してくるであろうホールライブは、普段とは雰囲気も違うんでしょうか。時期のせいかカップルがやたら目につきました。
今ではもう男性客も珍しくなくなったね。明らかに中田くんを意識した感じの男子とか発見して喜んでました。本人よりイケメンだったりして(笑)

ストリングスを迎えたスペシャルバージョンの『マテリアル』。
開場時間が押したのはこのせいか。
聴き入ってたら今年起こったあんなことやこんなことが脳裏を駆け巡り、妙に泣けた(ρ_;)

CDで聴いて???だった『NIGHTLIFE』も、ライブで聴いてやっと腑に落ちた感じ。
個人的には『red blues』みたいな曲が今後増えたら嬉しいな。で、座って飲みながら聴きたい。どうもあの指差しとか捧げポーズとか苦手で。椿屋の曲には合わないと思うんだけどね。

ここしばらく迷走してる感があった彼らに、迷いがなくなった印象を強く受けました。バンドもすごく一体感あったし。
次のアルバムが楽しみになったライブでした。

それにしてもヤン兄さんは今日もカッコよかったなぁ(笑)


<セットリスト>
1. ロンサム
2. LOVER
3. LOOK AROUND
4. いばらのみち
5. 思惑と罠
6. 共犯
7. ブランケット
8. playroom
9. 漂流
10. ジャーニー
11. マテリアル
12. 流星群
13. 導火線
14. red blues
15. NIGHTLIFE
16. 恋わずらい
17. ロスト・チルドレン
18. ミス・アンダースタンド
19. 踊り子
20. ブライテスト・ダークネス

EN.
群青
君無しじゃいられない

B00432H0C2 マテリアル
椿屋四重奏
ワーナーミュージック・ジャパン  2010-11-24


by G-Tools

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日曜日)

タダより高いものはない?!

お盆にライブに行ったBATTLE JAZZ BIG BANDが出演するというので、今年も東京JAZZに行ってきました。
場所は国際フォーラム前の広場にあるステージ。金曜の夜で無料ということもあってたくさんの人が集まってました。
演奏はほんっっっっっとに素晴らしかったんだけど、


とーにーかーくー、暑すぎ!


去年とは比べ物にならない暑さ。
夜でも30度越えてるというのに、空調のない場所だから立ってるだけでサウナ状態。買ったばかりのワンピースを着ていったら汗でぐしょぐしょになっちゃいました(泣)ま、無料だからね、我慢しなきゃね・・・
ライブ後は放心状態で写真撮る余裕も全くナシ。オサレな店で食事していくつもりだったけど、全身汗だくの不快感に耐えられず即帰宅。
帰って体重計に乗ったら1.5キロ減(゚0゚)

但し、その後のアイスやらビールやらで翌朝は戻ってたけど(笑)

演奏する方にとっては地獄だったでしょうね。
ピアノの方なんてNY在住なのに、この為にわざわざ帰国したんですって。ジャズミュージシャンって奉仕の心がないと絶対できない職業だと思いましたよー。

主催者側にとっても9月に入ってまだこんな暑いってのは想定外だったでしょうけど、バトルジャズならお金払ってでも涼しい所で聴きたかったってのがホンネ。
来年もまた行くつもりだけど、2年連続猛暑でないことをひたすら祈る(^-^;

|

2009年12月20日 (日曜日)

TOUR '09 「CARNIVAL」

12月20日日曜日、赤坂BLITZにて。

一年ぶりの椿屋。
今回も2階席からまったり観ました。去年の『熱視線』で来た時とほとんど同じアングル。
去年の今頃は失業の恐怖にガクブルしながら年末を過ごしたんだっけ。ま、予想通りクビになったけどねっ。


生で聴いたことなかった伝説曲(?)『道連れ』が初めて聴けて大満足です。
やっぱり初期の曲は強烈ですわ。
申し訳ないけど衝撃度と存在感が今とは比較にならん。


グダグダMCもなく、サクサク演奏する構成は今までで一番良かったんじゃないかな。
演出は「もうこれ以上凝らなくてイイ」って思った。
後半、照明がポケモン状態になって、ちょっとヤバい感じになったので目を閉じてしまいました。行った人どうでした?
ダブルアンコールやらない理由を律儀にBLOG上で説明していたようだけど、今日はファイナルだから「特別」だって。
だけど
明日は約9ヶ月ぶりに7時前に起きなきゃいけなくて(笑)、寝坊したら大変なんで。
トイレにいたら『幻惑』が聴こえてきたけど、後ろ髪ひかれる思いで会場を後にしました。

実はまだアルバム聴いてないのよね(^-^;

だってさ、今年はそれどころじゃなかったんだもん・・・メンゴメンゴ。
早速聴きますっ!



それにしても開演前のドンタコスなBGM、何あれ?吹いた(笑)

B002B9TRAW CARNIVAL
Yuji Nakada 椿屋四重奏
ワーナーミュージック・ジャパン  2009-08-19


by G-Tools

| | コメント (0)

2009年10月22日 (木曜日)

Masahiro Kobayashi Birthday Live

10月21日水曜日、Blues Alley Japanにて。

いやあ、つくづく不景気ですねぇ。今さらですけど。
小林正弘さんのバースデーライブに行ってきました。

久しぶりのBAJです。

ここのお料理はドリーにはちょっと高級感ありすぎなので、いつもはお気に入りのお粥屋さんで軽く腹ごしらえしてから来るんですけど、そのお店いつの間にかなくなっちゃってた(泣)
長丁場の上、帰りは終電ギリギリになるのですきっ腹じゃもたないなぁ・・・と恐る恐るメニューをめくると、庶民向けにお値段を抑えた”ハーフサイズ”が用意されてて助かりました。量は少なめだけど意外に腹持ちが良かったです(笑)

今回もゲストは山本達彦さん。
なので、全体的にAORな感じでしたね。

MCでは小林さんに促され(任され?)ながら、好きな音楽や理想とするボーカリスト像から人生観まで熱く語っておられました。
お話の中でいろんな人の名前が出てきましたが、ドリーが分かったのは南佳孝、今井美樹、ビートルズ、ビル・シュネー・・・そして何故か藤村俊二。そこらへんがキーワードみたいです(笑)

いい意味で”力が抜けた感じ”が今の憧れなんですって。

たしかに途中、
「達彦さん、次その曲じゃないですよ。」
と小林さんからご指摘受けたりとか、
楽屋に譜面忘れちゃって進行を止めちゃったりとか、
ところどころ力抜けてましたけど(笑)
このゆるゆるな感じも、これはこれでイイんですよね。

客席の一角が楽屋に改装されて、お店自体がこじんまりしたせいもあると思うけれど、かなりアットホームな雰囲気のライブでした。

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火曜日)

横浜ジャズプロ2009

Sn360147 昨年は悶々と過ごした10月の3連休でしたが、今年は天候にも恵まれたので横浜JAZZ PROMENADEへ出掛けてまいりました。

これから年末にかけていくつかイベントが控えてるので、金銭的な事情により今回は無料街頭ライブのみ。それでも充分楽しめました。
ライブは桜木町・関内の至る所でやっているので
事前にいろいろチェックしていたのですが、それぞれの会場は近いように思えても徒歩で回ると結構大変。
すぐに疲れてしまって、ビッグバンド中心のクイーンズスクエアに落ち着いてました。

木製のベンチに座っていたら、翌日・翌々日はお尻が痛くて参りました。
来年は座布団持参で行こうかな(笑)

あ、お尻といえば・・・
初夏あたりから、寝る前に軽いエクササイズを始めたんですよ。
キツイのは続かないので、本当にユル~いやつを15分間くらい。
半年ほど経った最近ようやく、ちょっと身体が締まってきたのを実感できるくらいになりました。続けてみるもんですね。
痩せた?と聞かれるけれど体重はさほど変わってないです。
見た目ではヒップが一番効果あったみたい。
お腹の肉ってなかなか取れないですよね(笑)

| | コメント (0)

2009年8月 1日 (土曜日)

BONNIE PINK TOUR 2009 "ONE"

7月31日金曜日、東京 赤坂BLITZにて。

久しぶりにライブハウスで観るボニーちゃんです。
4月に行った椿屋中田くんのソロライブで、途中で倒れ記憶が吹っ飛ぶという失態を演じてしまったワタシ。
これ、自分的にはかなりショックな出来事で、
体力にはすっかり自信がなくなってしまいました。
スタンディングでハジけたいのはやまやまでしたが、今回は安全第一で2階指定席からまったり観ることにしました。

チケの確保がちょっとドキドキだけど、やっぱりボニーはこのくらいのハコがいいよね・・・
ホールだとまったりしすぎちゃって、どうもね(^-^;

アルバムの中でもお気に入り曲の『Try Me Out』はライブで聴くと更にグルーヴ感が増して気持ちイイ。ず~っと聴いていたい気分。
その後の『PLAY & PAUSE』の妖しい雰囲気は良かったなぁ。
かねてから各方面でなにげにエロい
と静かな賞賛(笑)を浴びてきたボニーですけど、この曲なんてまさに真骨頂です。

そしてこの日最大の盛り上がりを見せたのはおそらくこのコーナー、”追悼”マイケルメドレー。
「スタイリストさんが手作業でひとつひとつスパンコールを貼り付けた」という特製キラキラグローブを自慢するようにポーズをキメるボニー、かわい~

ムーンウォークだって、「ヒー!」「フー!」だってちゃんとありました。
どうせやるんだったら成りきらなきゃね。
元々マイケルが女性的な声だから、ボニーが歌うとハマる。
これはすっっっごく良かった。

定番曲の『Tonight The Night』、今回はバンマスが鈴木正人さんだからでしょうか、ラテン風味の味付けでした。
ツースリー(タンタン・タン・タン・タン)の手拍子が大好物のワタシ。付いて来れない人も結構いてちょっと優越感に浸ってみたり(笑)
”一緒に歌おう”のコーナーにしても、手拍子にしても、あえてチョイ難し目にするのがボニー流。←ココ大事(笑)

それにしても、観るたびにハンドマイクでの動きがカッコ良くなってる~
足だけは相変わらず内股なのはご愛嬌。
だがそこがまたイイ(笑)


ついこの間、十周年祭りで盛り上がったと思ったらもう十五周年かぁ。
早いなぁ。
また盛り上がりたいねー。

あ、そうそう。
JUJUが来てた。お友達なのよね。
すぐ近くの席だったんだけど、すごくイイ匂いがしました(笑)

| | コメント (0)

2009年1月10日 (土曜日)

原信夫とシャープス&フラッツ ファイナルコンサートツアー

B001NDR57O LAST FOREVER Tokyo Bunka Kaikan 11.02.2008
原信夫とシャープス&フラッツ
ewe records  2009-01-28


by G-Tools

遠い昔、ドリーが通っていた中学の文化祭に原信夫とシャープス&フラッツがやって来ました。

音楽の先生はジャズ好きな上、フットワークの軽い人だったみたいで、どういうコネを使ったのか大御所の彼らをブッキング。
田舎の、まともな音響設備どころか空調すらない公立中学の体育館にですよ!
よく来てくれたよなぁ・・・
当時のドリーはフュージョンにハマってたけどスタンダードジャズは初体験。
演奏曲目はおそらく定番中の定番をセレクトしてくれたんだろうけど、ほとんど忘れちゃいました。
体育座りで聴いたA列車で行こう【Take the "A" Train】だけはうっすら覚えてます。

生徒たちはジャズはおろか、コンサートなんてお初な子ばっかりだったと思います。
イマイチ食いつきが悪い中学生たちの後ろで、ジャズ好きなお父さん達が身を乗り出して熱心に聴いていたのを思い出します。


オジさんばっかり(に見えた)のバンドの中に一人、
「なんでこの人が?」と思うような(笑)さわやかなお兄さんがいたんです。
サックスを吹いていた彼のことは終演後、女子の間でちょっとした話題になりました。
そのイケメンサックスお兄さんが
、どうやら本田雅人さんらしい・・・ということが最近になって分かり、かなりびっくりしております。

今思えば超豪華企画だったけど、当時はその有り難味が全然分からなかったです。
自分が大人になり、お金を払ってJAZZを聴きに行くようになった今思うこと。


『もっと真剣に聴いておけばよかった~
_| ̄|○


そんな彼らのファイナルツアー、これは観ておかなくちゃとミューザ川崎シンフォニーホールへ。
初めて行ったんですけど面白いホールですね。
ステージを囲むように客席が渦を巻いているイメージ。
表参道ヒルズを思い出しました。
客層は、今まで行ったライブの中で最も高齢と思われる(笑)

続きを読む "原信夫とシャープス&フラッツ ファイナルコンサートツアー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土曜日)

2008ライブ納め

12月26日金曜日、六本木STB139にて。

今年もライブ納めはエリック宮城 BIG BANDになりました。
スイートベイジルは初めてです。

独自のシステムに若干戸惑いと面倒臭さを覚えながら、整理券配布開始の15時きっかりにお店に着くと、既に長い列ができていました。さすが、人気公演です。

このお店には”立見”というものがありません。
こうして昼間に整理券を配り、整理番号順に入場時間を設定することで混乱やキャンセルによる損害を防いでいるようです。

ただお客さん、特に遠方から来る人からするとまさに一日掛かりになってしまうので、時間とお金に余裕がないとここへ来るのは難しいですね。
個人的にはBAJの方がいろいろと都合がいいのだけど。あそこではもう手狭になっちゃったんですね・・・

実際ドリーも整理券を受け取ってから集合時間まで2時間程だったので、大急ぎでホテルへ移動しチェックイン。
買い物や用事を済ませ、ゆっくり休む間もなくまた六本木へ移動(ここで遅刻するとせっかくの整理券が無効になってしまう)・・・と大忙しで、開演前には既にクタクタ(笑)

客層を見る限り、ほとんどが”勤め人”とお見受けしますが、常連さんとかお仕事どうしてるんでしょうか?
そんな、しょっちゅう有給取ってもいられないと思うんですけど、このご時世。

続きを読む "2008ライブ納め"

| | コメント (0) | トラックバック (0)