カテゴリー「語学」の記事

2011年1月28日 (金曜日)

イラっとくる韓国語講座

夜更かししててたまたま遭遇したTV番組。

次長課長の河本さんが韓国に渡り、現地で出会った人たちと強引にコミュニケーションをとりながら独学で韓国語を習得しようとする、ゆる~い語学番組。
真剣に韓国語が勉強したい人にはあまりおすすめしません(笑)

道中、番組が用意したKYなフレーズを言わされ、突拍子もない事を言われた時の韓国
人がとるリアクションをおもしろがる映像から一変、スタジオでは先生とアナウンサーが何事もなかったように、真面目に淡々と番組を進めていく感じはベタな構成だけど笑っちゃいます。

芸人さんだからもちろん面白くしなきゃという意識でやってるでしょうけど、河本さん自身韓国にかなり関心があるらしく、簡単な挨拶やハングルの読みは既に可能。現時点では多分あたしと同レベルかな。
でも学習姿勢はすこぶる前向きで、躊躇なくどんどん話しかけていくから上達も早そう。

語学ってある程度は努力で何とかなるんですけど、基本的に人と話すこと
が好きじゃないと伸び悩みますよね(^-^;
会話においては、話好きな人が絶対に有利です。

【関連サイト】 イラっとくる韓国語講座(番組サイト)

|

2009年7月17日 (金曜日)

なんとか完走しました

学習期間3ヶ月のところを半年近くかかって、英日翻訳の通信教育、『EnglishPLUS』を修了しました。
苦しかった~゚゚(´O`)°゚


最終回。
「点数取れなくてもいいから自分らしい訳で!」
と決めて挑
んだ3回目の添削課題が返ってきました。
正解率80%は納得いく結果です。
少しずつだけど右肩上がりで良くなっていってたので、なんとかカッコがつきました。

修了しての感想。
元々興味分野が字幕翻訳だったせいもあると思いますが、どうも原文に忠実に訳すというのが窮屈で、正直つまんなかったです(^-^;
もちろん、“正確に伝える”とうのは翻訳家の使命だから当たり前なんですけど、束縛を嫌う自由人(笑)にはあんまり向いてない仕事だと思いました。
でも読むことが嫌いな自分にとっては訓練にもなったので、やって良かったです

職場でちょっとした訳を頼まれる、なんて場面ももしかしたらあるかもしれないしね。
・・・”職場”復帰の目処はまだ立っておりませんけれども(゚ー゚;


ただ今回つくづく痛感したのは、自分の日本語力のなさでした。
これは英語以前の問題です。
かなり危機感を感じました。
最近小説とかあまり読んでないしなぁ。
以前、大好きな児玉清さんが「小説を読まない国は滅びる」みたいなことを言っていたけど、分かる気がする。

最近本屋さんに行くと、山積みにされているHOW TO本につい目がいってしまってたのですが、こういう本ばっかり読んでる人って・・・デキる人かもしれないけど、絶対気を許せる友達にはなれないって思うもん(笑)

まだ遅くない。
まず、日本語力アップから始めようと心に誓いました。

| | コメント (0)

2009年5月15日 (金曜日)

第2回添削結果

DHCの英語通信教育、『English PLUS』にいまだ苦戦中。

1回目以上に苦しんだ第2回目提出課題が、添削されて返ってきました。
(たしか締切日には間に合わなかったはず。大目に見てくれたんですね。ありがとうございます・・・(;ω;)


今回は正解率、約7割。
良い成績とはとてもいえませんけど、前回が6割だったのでちょっとはマシになったでしょうか。
1回目は意訳しすぎで失敗したので、2回目はむしろ直訳するくらいの気持ちで臨んだらそっちの方が好評だったという(゚ー゚;


今回も先生から、「読みやすい日本語を工夫されたことがうかがえました。」のコメントいただきました。
・・・先生、まさかこれテンプレじゃないですよね?!(笑)
小難しい文を“読みたくなる文”に仕上げるのが自分なりのこだわりなんです。

課題提出も残すところあと一回。
学習期限もギリギリになってきてしまったけれど、なんとか完走できるように気合入れなおして頑張らないと!

| | コメント (0)

2009年3月14日 (土曜日)

第1回添削結果にヘコむ

身の丈に合わないコース選択をしたせいで、大変な苦戦を強いられているDHCの通信教育、『English PLUS』。
ヒーヒー言いながら、やっとの思いで提出した1回目の課題が返送されてきました。

英文翻訳に関しては全くのドシロウトです。
自分にそっちのセンスがあるのかどうかを見極めたい、という思いもあって手を出したこのコースでしたが、初回はなんともガッカリな結果でございました。

先生から”正解”として貰えたのは全体の6割ちょい。
予想としては半分いけるかどうか?くらいだったので、それはクリアしたんですけど・・・

自分自身、読むことが苦手なせいで小難しい文章が大嫌い(笑)。
訳文も「退屈な文章にしたくない」気持ちが強すぎて意訳しすぎ、端折りすぎでした。

模範解答と自分の訳を読み比べると一目瞭然。
自分が興味のない単語、文は容赦なくすっ飛ばし(笑)、主観入りまくりの超訳になってました。
文法も、基礎的なことが全く理解できてません。
こりゃ全くダメですわ。

ただ先生からのコメント、
「熱心に課題に取り組まれ、読みやすい日本語を工夫されたことが答案からうかがえました。」
の一文には慰められました。
そうなんです!わかってもらえました?
今回そこに重点置きすぎましたけど(^-^;

次はもうちょっと丁寧に訳します。

ってか、まだ2回目の課題全然出来てない_| ̄|○
時間がかかっても頑張ろう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月 9日 (月曜日)

English PLUS

派遣会社のスキルアップ支援制度を利用して、通信教育に申し込んでみました。
DHCの『イングリッシュ・プラス』という翻訳入門のコースです。
DHCといえば化粧品と思ったらこの会社、元々は通訳・翻訳の会社なんだそうですね。
全然知りませんでした。
とにかく読み書きがダメなので、トレーニングになればと。

ところがこれが結構むずかしー。
なかなか進みません。

しかも質問は英語でしか受け付けないってルールだし・・・
あの、英語で質問できるくらいなら苦労しないんですけど~(-ε-)

予定を大幅に遅れて、やっとこさ1回目の提出までこぎつけました。

日増しに物覚えが悪くなっていることに愕然とします(泣)
10年くらい前のことですが、自宅でFOX TVが視聴可能になった頃、当時月~金に放送されていた医療ドラマ、『シカゴホープ』【Chicago Hope】にハマりました。
まぁ『ER』のパクりみたいなドラマなんですけど(笑)、シーズン3あたりから、
「あれ?もしかして英語分かるかも?」
と思いはじめたんです。
それで試しにTOEICを受けてみたら、リスニングスコアがなんと100点アップしてたんですよねぇ。
あれは嬉しかったなぁ。
”テレビっ子”もたまにはいいコトあるんですね・・・
もう歳なんで、あの時みたいな劇的な上達?はもうないでしょうけど。
まあ、ボケ防止ってことで(笑)


通信教育は自分との戦いですよね。
今までいくつか挑戦したけど、勝率かなり低い(汗)
公言することで自分にプレッシャーをかけてみることにします。

ちなみにFOXといえば、最近番宣CMに登場する日系人、クリス今井氏がいろんな意味で気になります。
やけに楽しそうなんですよね・・・

【関連サイト】 TV.com Chicago Hope (English)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日曜日)

第128回TOEIC

前回の受験から3年。そろそろ受けておかないとなぁ~
というワケで、貴重な休日を使って行って参りましたよ。

3年前の英語力と比較しても
大差ないとは思うけど(むしろ後退しているような気も?)、派遣で働くドリーにとってTOEICスコアは新鮮さが命なので、面倒だけど2~3年に一度は受けるようにしてる(それでスコアが悪くなっちゃった時は、古い方を提示するんだけどね 笑)。

TOEICは昨年5月からリニューアルされて、配点や出題傾向が若干変わったのでしばらく様子を伺ってたんだけど、受けてみた感想としては、より実用的な内容になったかな。

リスニングテストではアメリカン、ブリティッシュなどいろんな地域の人のいろんな発音が盛り込まれてた(と、思う)。
確かに、これはリアリティがあるよな。
さんざんアメリカの映画やドラマを教材にしてきちゃったドリーにとっては不利な展開だった・・・

リーディングの方は読解問題が増えてる。
こっちもビジネスや日常生活に密着した感じの問題が多くなってたかな。

それにしても、TOEICってホント疲れる~~
2時間飲まず食わず、トイレなし・・・なんて今の生活じゃあり得ませんもの。
これは学生さんの方が断然有利ですよ。

結果は30日以内に判明する予定。
でも今回は、
撃沈という感じが・・・

それより、

毎度のことだけど、リスニングテストの音声に難癖つける人が必ずひとりはいるよね。
運営サイドも、真冬に空調止めてまでって、よっぽどクレームがあるんだろう。

でもね、言わせてもらいますけど、

英会話学校ならともかく、実際に英語を使う場面で、周囲に雑音がひとつもなく、全てがクリアーに聞こえるなんてこと、まずありえませんからね。
多少のノイズなんかあろうと、聞き取れる人は聞き取れるんですよ。もしあなたの聴力に問題がないのであれば、
それがあなたの実力なんですって。
お互い、頑張りましょうね。

だけど実務においては、TOEICのスコアなんてあくまで目安にしかならない。英語がわかるのと、仕事ができるのとは、まったく別のことですもん。そりゃ、分かるに越したことはないけどね。
ドリーも、まだまだ勉強が足りないことを痛感いたしましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)