カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2012年10月21日 (日曜日)

ライブシネマ!

どうしても行きたかったのに諸事情で断念したトライセラのデビュー15周年記念野音ライブを、まさか地元の映画館で観られるとは!

”ライブシネマ”の類は今回が初体験です。
ただの映像と侮るなかれ、さすがの音響設備のおかげで臨場感は充分。何度も会場に居る錯覚に陥り、曲終わりで拍手しそうになっちゃった。
テレビでオンエアされるとしても、家じゃこんなに大音量・大画面では観れないですもんね。

たしか当日、唱くんが喉の不調を訴えていたと記憶しているけど
気にならなかったなぁ。
15年かけて培われたあうんの呼吸。
とても3人だけで出しているとは思えない豊かで厚い音。
全員歌えるからハモりもハイレベルでMCも面白い。
とにかく素晴らしくプロい&テクいバンドなのです。

そして和田唱のロマンチストっぷり。通常、日本人が口にしたら寒い、クサいはずのフレーズもなぜかこの人は許されるのです(笑)。じつにチャーミングな人です。最近、どんどんお父様に似てきましたね。

選曲は意外にソニー時代のものが多く、懐かしさもあってか何度も泣きそうになっちゃいました。
前後のMC、歌詞大間違い(笑)を含めた『プレゼント』は、一気に臨場感を倍増させてくれました。でも当初あそこはカットのつもりでいたそうで!
そんな事しなくて良かったよぉ~。
スタッフさんナイス助言です!

約2時間半、大満足な内容でした。
もうホント、行って良かった!
トライセラファンでこのライブを見逃した方はもちろん、
TRICERATOPSにちょっとでも興味ある方は是非観て!
まじオススメする!

詳細はこちらで↓


ライブシネマ「TRICERATOPS "GOING TO THE MOON"-15th ANNIVERSARY SHOW at HIBIYA MUSIC BOWL-」

| | コメント (0)

2012年9月22日 (土曜日)

くず餅屋さんのプリン

テレビで紹介されているのを見て、どうしても食べてみたかった船橋屋こよみのくず餅プリンをやっと食べました!
Mini_120911_0850 Mini_120911_0853




















有楽町のルミネで売っているので、銀座に行ったら絶対買おうと決めていました。
あたしはプリンは好きだけどカラメルソースの苦みがあまり好きじゃないんです。

元々がくず餅屋さんだけに、ここのプリンは黒蜜ときな粉をかけて食べます。
これがすばらしく合います。
あっさりしていて普通のプリンより好きかも。ひとつじゃ足りません(笑)
お取り寄せもできます。

ところで!

『孤独のグルメ』のSEASON2が10月からスタートするそうですね。

実は今の勤務先は今年からサマータイムを導入し、始業時間が1時間も早くなって毎日5時起きです(泣)
根っからの夜型人間なので、いまだに身体が全然慣れず
毎日眠くて眠くて・・・

ようやく夏も終わって通常に戻るかと喜んでいたら、10月以降もこのまま継続するとのお達しが・・・
そのせいで大好きな深夜のテレビは、殆どリアルタイムでは見られなくなりました。
でも好きな番組は録画して観てるけどね、だから週末のキャッチアップが大変なんです(笑)

今からとっても楽しみです。

| | コメント (0)

2012年2月 1日 (水曜日)

孤独のグルメ

毎週録画して楽しみに観ている番組のひとつが、
テレビ東京で水曜深夜に放送している
孤独のグルメです。

主人公は、輸入雑貨商を営む独身中年男性”五郎さん”。
食べることが好きな五郎さんが仕事先でふらっと入るお食事処。
そこで出会うおいしそうなものと、それらを淡々と食す五郎さん・・・
ドラマのようなドキュメンタリーのような、なんとも不思議な番組です。

五郎さん役は、松重 豊さん・・・と言われてもピンとこないかもしれませんが、顔を見たら誰もが絶対に「この人見たことある!」って反応すると思います。

毎週、冒頭部分にちょっとしたストーリーがあって、なんだか意味深です。
モテないわけでもない感じの五郎さんがなぜ独身なのか、なぜ輸入雑貨商なのか・・今のところ”謎の男”といった雰囲気だけど、これからどんな展開になっていくのか気になります。

| | コメント (0)

2011年9月 8日 (木曜日)

OH!マイ80’s ~DIVA~

1981年公開、フランス作品。
あたしの今日までの人生でいちばんハマった映画です。

ちなみに2番は香港映画の『恋する惑星』。

恋する惑星 [DVD]
ウォン・カーウァイ
B000EZ82Y2
制服好きには鼻血もんの、トニー・レオン登場シーン(こっち向く瞬間)にシビれ、金城武の“哀しいのに笑ってる”表情にときめいたもんです。
ロケ地巡りをしに香港まで行ったもんなぁ。頭上をかすめる飛行機に興奮したわ・・・

『DIVA』は高2の夏休みにフジテレビの『ミッドナイト・アートシアター』(民放地上波でノーカット、CMなしとか革新的だったよなぁ)で観たのが最初です。
以来、ビデオで何十回リピートしたことか。

DVDは常に入手困難で、某ショッピングサイトでは中古品にべらぼうな値段がついているのが常でした。
思い切って買っちゃおうかと何度か思ったこともあったけど・・・待っててよかった(泣)。
このたび、公開
30周年を記念してリマスター版として蘇りましたっ!!

ディーバ <製作30周年記念 HDリマスター・エディション> [DVD]
B00511ITQU

長年観てきたものと日本語訳が違ったので若干戸惑いましたが、映像がだいぶクリアになっていて、今まで気づかなかった新たな発見もいくつかありました。
この映画の最大の魅力っていったらやっぱり音楽ですよねー♪
多くのミュージシャンがお気に入りに挙げているのもうなずけます。
画面いっぱいに広がる“青”と、『Sentimental Walk』。
明け方のデートのシーンは何度見ても胸がざわざわします。
だから自分としては恋愛映画と位置づけてたんですけど、どうもアクション映画のカテゴリーに入っているみたい。
もりだくさんなので、ちょっと分類しづらい作品ではあります。


海外どころか、飛行機すら乗ったことのなかった高校生のあたし。
社会科で使う地図帳片手に、劇中で登場する地名を追いかけては想いを馳せていたもんです。
何もかもが抜群にアカ抜けて見えました。
文字通り、心酔してました。


いまだにおフランスには行ったことないんですけど(笑)、DVDを観て久しぶりに酔いしれました。
もう、こんな気持ちになれる映画には生涯出会えないんじゃないかな。


で、なんで今更DVD?

| | コメント (0)

2011年1月28日 (金曜日)

イラっとくる韓国語講座

夜更かししててたまたま遭遇したTV番組。

次長課長の河本さんが韓国に渡り、現地で出会った人たちと強引にコミュニケーションをとりながら独学で韓国語を習得しようとする、ゆる~い語学番組。
真剣に韓国語が勉強したい人にはあまりおすすめしません(笑)

道中、番組が用意したKYなフレーズを言わされ、突拍子もない事を言われた時の韓国
人がとるリアクションをおもしろがる映像から一変、スタジオでは先生とアナウンサーが何事もなかったように、真面目に淡々と番組を進めていく感じはベタな構成だけど笑っちゃいます。

芸人さんだからもちろん面白くしなきゃという意識でやってるでしょうけど、河本さん自身韓国にかなり関心があるらしく、簡単な挨拶やハングルの読みは既に可能。現時点では多分あたしと同レベルかな。
でも学習姿勢はすこぶる前向きで、躊躇なくどんどん話しかけていくから上達も早そう。

語学ってある程度は努力で何とかなるんですけど、基本的に人と話すこと
が好きじゃないと伸び悩みますよね(^-^;
会話においては、話好きな人が絶対に有利です。

【関連サイト】 イラっとくる韓国語講座(番組サイト)

|

2011年1月 2日 (日曜日)

天国からのプレゼント。

年末ジャンボも見事玉砕(笑)
いろいろあった2010年も終わり、心機一転。
今年も宜しくお願いいたします。


弟が亡くなって1ヶ月ほど経ったある日、心当たりのない宅急便が届きました。
箱を開けると、“ご当選おめでとうございます”の文字。

亡くなる前彼は、伊藤園のTEAS'TEA NEW YORKにえらくハマって箱買いしていました。
ボトルに付いていた懸賞応募用のシールがどんどん溜まっていくので、母から頼まれて代わりに応募していたことを思い出しました。

ネーミングにちなんで、ニューヨークを舞台にした映画のDVDをプレゼントするという企画でした。
忙しかったのでよく考えもせず適当に、デ・ニーロ主演の『タクシー・ドライバー』を選んでいたようです。

もう応募していたことすら忘れていたら、奇しくもあたしの誕生日の数日後、その賞品が届いたのでした。

人生の半分以上が病気だったので、弟からプレゼントなんてほとんど貰ったことありませんでした。
「働けるようになったら、母さんと姉さんに何か贈り物したい」とか言ってたっけ。皮肉ですね。

しばらく映画どころじゃなかったんでしまってあったけれど、休暇の間に観てみようかな、と思います。

タクシードライバー コレクターズ・エディション [DVD]
B001544MCM

| | コメント (0)

2010年12月25日 (土曜日)

クリスマスの約束 2010

早いもので今年もまたこの日がやってきました。
スゴかった昨年の模様はこちら


記念すべき10回目のクリ約です。
今回はMTVアンプラグド的なノリでこじんまり、アットホームに。
横浜の赤レンガホールで収録した模様。

続きを読む "クリスマスの約束 2010"

| | コメント (0)

2009年12月26日 (土曜日)

クリスマスの約束 2009

【番組情報より】
「空前絶後!22分50秒の名曲メドレーを22組のアーティストが全員で大合唱!これまで誰も辿り着けなかった新たな感動を余すことなく放送!」

↑大袈裟じゃなかったです、コレ。

一応、昨年の模様はこちらですが、申し訳ないけど比じゃないですよ。
未だかつてこんなの観たことないです。
ってか、よくやろうと思ったよなぁ、こんなこと・・・

オープニング
『風のように』
『きよしこの夜』
『クリスマス・イブ』
・・・この辺りまではいつもの感じで進みます。

そしてここからが今回の目玉、
“斉唱で歌い倒せ”企画の全貌です。

【メイキング映像】
今回の壮大なプロジェクトの主軸となるべく、小田さんに集められた“小委員会”のメンバーはスタレビの要さん、スキマスイッチ、いきものがかり。
みんな天下の小田和正を相手に、容赦ないです。
小田さんの漠然としたイメージに、若者たちがツッこむツッこむ(笑)
“忌憚のないご意見”どころか企画そのものを疑問視され、返す言葉がありません。
合唱団出身の小田さんが、この企画にこだわる気持ちはわかる気がするんだけども。
番組スタッフとの間の温度差ったらもう・・・見てられません。
それでもなんとか暗中模索のリハーサルを経て、本番を迎えました。
名曲メドレー、題して『22'50"(22分50秒)』のスタートです。
どうなることやら・・・

<曲目>
1.この日のこと
2.TRUE LOVE
3.今夜だけきっと
4.ロマンスの神様
5.明日がくるなら
6.明日、春が来たら
7.友達の詩
8.La La La
9.恋におちたら
10.Story
11.夢で逢えたら
12.ハナミズキ
13.翼をください
14.HOME
15.YES-YES-YES
16.LIFE
17.虹
18.全力少年
19.Jupiter
20.涙そうそう
21.心の旅
22.帰りたくなったよ


すごい、
凄い、
スゴイ!!!!!

小田さんが言ってた、
「言葉にならないもの」
ってコレだったんだね。

こういうものが創れるのが、この人なんですよね・・・
お客さんの拍手がずっと鳴り止みません。

感動の渦の中、最後にもう一曲、
みんなで『たしかなこと』

泣いてるね。
そりゃ泣くわ。アタシも泣いてるし。
小田さんも涙、涙です・・・
アーティストたちの満足そうな表情が全てを物語ってますね。
この場所に居た人たち羨ましすぎる。

はぁ・・・
見ごたえあったなー今年は。
某○NSとかのコラボレーション企画が霞んで見えちゃいますよ(^-^;

これ、もっとたくさんの人に観てほしいなぁ。

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金曜日)

11月13日生まれの彼

昨日誕生日を迎えたドリーです。
おめでとうメールくださった方ありがとうございました!

そしてドリーと1日違いの今日、
11月13日はキムタクこと木村拓哉さんのお誕生日です。 
木村君おめでとう!
(笑)

ところで、キムタクで思い出しましたが、
ユン・サンヒョンさん↓という俳優さん知ってますか?
  Sangheyong_4
この方、韓国のキムタクと呼ばれているらしいんですけど、言うほど似てるかぁ?と見る度に首をひねってしまう・・・


韓国のバラエティ番組で、動いているサンヒョンさんを観たけれど、「そう言われれば目が・・・」くらいな感じ?

偶然にもキムタクとは同い年だそうですが、売れない時期が長かったらしいです。
”キムタク似”と言われることについて、ご本人はまんざらでもなさそうでした。
あちらでは上の写真を「キムタクと見間違えた」なんて話もあるそうですけど、どうやったら見間違えるのか教えてほしい(笑)


Kimura_3キムタクの顔の特徴っていったらやっぱりじゃないですか。
でも決定的に違いますよねぇ。





個人的にはキムタクより寺泉憲さん似だと思うんですけど・・・

Teraizumi
ねっ?



【関連サイト】 ユン・サンヒョン 日本公式サイト

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水曜日)

スラムドッグ$ミリオネア

先日のアカデミー賞授賞式での印象が強烈だったスラムドッグ$ミリオネア【Slumdog Millionaire】
レディースデーを利用して観てきました。

インドのスラム街で生まれ、ろくに学校にも行かずに育った主人公が、初恋の人を想う一心でクイズ番組に出演し、次々と難問に正解。
そこへ、彼の恵まれなかった生い立ちがフラッシュバック。
圧倒的で、アクの強い音楽がスピード感を煽ります。

舞台はインドですが、貧しいスラムの子供が英語ペラペラとか、ツッコみたくなるところは
あくまでハリウッド映画ということで流しましょう。
日本人が『ラストサムライ』や『SAYURI』を観た時の、あの”モニョる感じ”をインドの人々も味わっているのでしょうか。


それにしてもスラムって本当ヒドい所ですよね・・・
信じられない不衛生さ。あれは目を覆いたくなります。
あの瞬間は、日本に生まれて良かった、と思いましたが、
この前までいた会社で働いていたインド人、みんなとても身ぎれいでした。
会議机で手弁当を食べる時には紙を敷き、キレイにしてから立ち去る。日本のオジさんたちよりよっぽど行儀良かったです。
彼らのような大学出で、日常英会話ができ、日本でフルタイムの仕事をしているインド人ってかなり恵まれている方なんでしょうね。

そうか。ええとこのボンボンかー。
日本生まれのビンボー派遣社員より、よっぽど強運そうなインド人の皆さんです・・・


映画そのものは面白かったです。
ただ、子役に本物のスラムの子供たちを使ったことで、なんだかいろいろ問題になってますよね。
昨晩もTVでヒロイン、ラティカ役を演じた少女の産みの母と育ての母が、つかみ合いのケンカしてる映像を見ましたけど・・・
急激な環境の変化で、彼らのこれからの人生、一体どうなることやらと心配してしまいます。

そういう意味で考えさせられる映画です。

ちなみに本日のレートで、1ルピーは1.95円
2000万ルピーだと、約3900万円ということになります。
高いと思うか、安いと思うか・・・

【関連サイト】 映画『スラムドッグ$ミリオネア』公式サイト ←注意!音が出ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)