« ひと皮むいちゃいました(その1) | トップページ | ひと皮むいちゃいました(その2) »

2009年4月22日 (水曜日)

スラムドッグ$ミリオネア

先日のアカデミー賞授賞式での印象が強烈だったスラムドッグ$ミリオネア【Slumdog Millionaire】
レディースデーを利用して観てきました。

インドのスラム街で生まれ、ろくに学校にも行かずに育った主人公が、初恋の人を想う一心でクイズ番組に出演し、次々と難問に正解。
そこへ、彼の恵まれなかった生い立ちがフラッシュバック。
圧倒的で、アクの強い音楽がスピード感を煽ります。

舞台はインドですが、貧しいスラムの子供が英語ペラペラとか、ツッコみたくなるところは
あくまでハリウッド映画ということで流しましょう。
日本人が『ラストサムライ』や『SAYURI』を観た時の、あの”モニョる感じ”をインドの人々も味わっているのでしょうか。


それにしてもスラムって本当ヒドい所ですよね・・・
信じられない不衛生さ。あれは目を覆いたくなります。
あの瞬間は、日本に生まれて良かった、と思いましたが、
この前までいた会社で働いていたインド人、みんなとても身ぎれいでした。
会議机で手弁当を食べる時には紙を敷き、キレイにしてから立ち去る。日本のオジさんたちよりよっぽど行儀良かったです。
彼らのような大学出で、日常英会話ができ、日本でフルタイムの仕事をしているインド人ってかなり恵まれている方なんでしょうね。

そうか。ええとこのボンボンかー。
日本生まれのビンボー派遣社員より、よっぽど強運そうなインド人の皆さんです・・・


映画そのものは面白かったです。
ただ、子役に本物のスラムの子供たちを使ったことで、なんだかいろいろ問題になってますよね。
昨晩もTVでヒロイン、ラティカ役を演じた少女の産みの母と育ての母が、つかみ合いのケンカしてる映像を見ましたけど・・・
急激な環境の変化で、彼らのこれからの人生、一体どうなることやらと心配してしまいます。

そういう意味で考えさせられる映画です。

ちなみに本日のレートで、1ルピーは1.95円
2000万ルピーだと、約3900万円ということになります。
高いと思うか、安いと思うか・・・

【関連サイト】 映画『スラムドッグ$ミリオネア』公式サイト ←注意!音が出ます。

|

« ひと皮むいちゃいました(その1) | トップページ | ひと皮むいちゃいました(その2) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スラムドッグ$ミリオネア:

« ひと皮むいちゃいました(その1) | トップページ | ひと皮むいちゃいました(その2) »