« ”口パク”を受け入れた日 | トップページ | TVで観るRIJ 2008 »

2008年9月 7日 (日曜日)

SATC

やっと観てきましたよ!
テレビシリーズ開始当初は、ものすごく違和感を覚えながら観始めたSEX AND THE CITY
主人公キャリーの乙女キャラと優柔不断ぶりにイラっとしながらも(笑)、ミランダの甘えられない心理にうなずきまくったり、シャーロットの優しさと気働きのあるところに感心したり、竹を割ったようなサマンサの潔さが気分よかったり・・・結局ずるずる最終シーズンまで観終えた頃には、まんまとはまっておりました。
せっかくずっと観てきたんだし、映画版を観ないことには自分の中で完結しない!
というワケで、めったに行かない映画館へ行ってきました。


やっぱり女同士は最強です。
恋愛はいつかは終わるし、なんだかんだ言っても最後は女友達ですよね・・・
自分自身、両親の離婚で”夫婦が崩壊していく様”を目の当たりにした経験から、何かしらトラウマになっちゃってるのかもしれませんけど(^-^;
ちなみにドリーは”男女間に友情は成立しない派”です(笑)
映画の方は、「こうなってくれたらいいな・・・」というところに収まった感じかな。
途中2,3回泣いた気がします(*´Д`*)
とっても後味が良かった。
久しぶりにもう一回観たい!って思う映画でした。

あ、でも彼氏や旦那様と一緒に観るのはオススメできません(笑)

Yahoo!のウェブマガジンJADEに
『あなたは誰キャラ?SATCファッション診断』↓
http://fashion.yahoo.co.jp/magazine/jade/12/jad004.html

てのがあったんでやってみたら、やっぱりミランダタイプだったよ(^-^;
そう私はシャーロットに憧れるミランダです・・・
だけど一緒に行った20年来の友人に、「誰タイプだったと思う?」って聞いたら
「・・・サマンサ?」って言われた。
そういうキャラに思われてたのか_| ̄|○


おまけ:
WOWOWでSATCテレビシリーズ字幕版の放送決定!
10/10深夜枠スタートです。

Sex and the City エッセンシャルコレクションBOX(初回限定生産)
Sex and the City エッセンシャルコレクションBOX(初回限定生産) サラ・ジェシカ・パーカー, キム・キャトラル, クリスティン・デーヴィス, シンシア・ニクソン, ダーレン・スター;スーザン・シーデルマン;アレン・コウルター;マイケル・パトリック・キング 他

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン  2008-09-26
売り上げランキング : 6


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

SEX AND THE CITY:THE MOVIE HELLO LOVER! これがオンナのドラマ&映画 [SEX AND THE CITY 総力特集!](DVD付き) (TOKYO NEWS MOOK) 海外ドラマシリーズ vol.1 特集「SEX AND THE CITY」 (ランダムハウス講談社MOOK) (ランダムハウス講談社MOOK) (ランダムハウス講談社MOOK) 映画「セックス・アンド・ザ・シティ」オリジナル・サウンドトラック キム・キャトラルのセクシャル・インテリジェンス

|

« ”口パク”を受け入れた日 | トップページ | TVで観るRIJ 2008 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

海外ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SATC:

« ”口パク”を受け入れた日 | トップページ | TVで観るRIJ 2008 »