« クリスマスソングいろいろ | トップページ | アニキ永眠 »

2007年12月 8日 (土曜日)

さよならみどりちゃん

「ダメダメ。俺、彼女いるから。」


映画『さよならみどりちゃん』に出てくるセリフです。


先に言えよこのヤロー!(怒)



たまには恋愛映画でも観てスイートな気分に・・・
なんて思って借りてみたんですが。

生まれてこの方、
好きな人を独占できたためしがないドリーには
冒頭から胸に刺さるシーンでございました
。はぁ。

ゆうこ(主人公)、許容範囲広すぎ!
来るもの拒まずで、いっつも相手に振り回されて。
観てるこっちが
「いいかげん断れよ、もう!」
ってイライラする。

原作はコミックらしいんだけど、読んだ人に言わせるとずい分イメージ違うみたいね。


ゆうこを夢中にしているのが、
自分勝手で軽薄なユタカ。
相当屈折してるよコイツ。
でもものすごい繊細な男なんだろうな。
人との距離を縮めたくなくて、不誠実に振る舞って

自分が傷つくより先に、相手を傷つけてしまうんだろうか。
だとしたら、分からなくもないけど。
表情ひとつ変えず次から次へ下される過酷な指令に困惑しながらも、ユタカが好きだから従うしかないゆうこ。
一体これは何のシゴキなのかと思う(笑)。
アタシじゃとても付き合いきれません。
そんなにいいか?この男。

まぁ、好きなもんは好きなんだよねぇ・・・

重くなりそうな話を、『スナック有楽』のシーンが程よくユルめてくれる。
新人ゆうこに淡々とホステスの心得を説くママがおかしかったな。
BOSEのくだりには笑った。

それにしても西島クン、
髪型ず~~~っと同じだね(笑)

ユタカの元カノ、リカ役の子
どっかで見たな~と思ったら『GTO』のみやび(中村愛美)じゃん!
あんまりにもバカ女役が板についててびっくりしたよ・・・

全体的にフワフワした感じで流れてくのはゆうこ役、星野真理のなせる業なのか。
彼女の、のほほんとした語り口や
どこにでもいそうな顔立ちや
小さなバストがリアリティを倍増させてると思う。
この役を巨乳アイドルとかがやってたらVシネちっくになっちゃうね、多分。

それゆえに、男子目線だと消化不良な感じかも(笑)
とりあえず女子にはおすすめする!

さよならみどりちゃん さよならみどりちゃん
星野真里 西島秀俊 松尾敏伸

ハピネット・ピクチャーズ 2006-02-24
売り上げランキング : 2573
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る by G-Tools

|

« クリスマスソングいろいろ | トップページ | アニキ永眠 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよならみどりちゃん:

« クリスマスソングいろいろ | トップページ | アニキ永眠 »