« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の記事

2007年12月31日 (月曜日)

イカ天2007復活祭

なぜ今復活祭なのか??
よく分かりませんが懐かしいすねー。
まさにバブル真っ只中
あの時代だからこそ実現した番組だと思います。
ドリーも毎週観てましたよ。

相原勇、一時は見る影も無いくらい老けた印象になっちゃってたけど、見事に復活したなー。
確かNY行って、結婚したんだっけ。
この人はやっぱりショートが似合うね。

ドリーが好きだったのはFlYING KIDS【フライング・キッズ】

Photo_2
『幸せであるように』を初めて聴いたときは泣いたなぁ。
これは名曲です。
もちろんライブにも行った。
1998年に解散しちゃったけど、今年夏フェスで復活しましたね。

でも放送自体は1年10ヶ月?!そんなもんかぁ。
番組はそんなに長く続いたわけじゃないのよね。

この番組出身で今でも現役の人は意外に多いみたい。
BEGINやベンジー、浜崎貴司は言わずもがなだけど、

ライブでもらうフライヤーとかで名前を見つけて
「まだ音楽続けてるんだ!」って感激したりしてました。
ジッタリン・ジンとかカブキロックス(←『お江戸』しか知らないけど)とか。

いろんなバンド出てきたけど、やっぱり一番衝撃だったのはたまですよね(笑)
今見てもかなりシュール。
この人たちがゴールデンの歌番組とか出てたんだからねー。
スゴイ時代でした。
あとマサ子さんもやばかったね!(笑)
『スライドショー』でお馴染みのみうらじゅんさん
のバンドも出てましたよね。
サビの歌詞が、“カリフォルニアの青いバカ”って・・・
みうらさんワールド炸裂です。
文句のつけようがありません。

・・・ってしみじみしてたら
サラリーマンNEOが始まっちゃってたじゃん!
この番組は久々のヒットでしたよ。
グッジョブNHK!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土曜日)

2007 仕事収め、ライブ納め

オダジョーや松さんの結婚、
新庄やココリコ遠藤・千秋夫妻離婚のニュースなど
年末らしいサプライズ?もありつつ、
ドリーもお陰様で今年の仕事を終えることができました。

28日は職場の納会も早々にフェイドアウト。
向かったのは目黒のBlues Alley Japan。
今年も昨年同様、エリック宮城 EM BIG BANDのライブへ行ってきました。
071229_205801_2
その前に目黒アトレの粥餐庁(かゆさんちん)で軽くお食事。
新宿のお店が
気に入って時々行ってるけど、
屋台ぽい雰囲気の新宿店とは随分雰囲気違うのね。
ハッキリ書きます。
粥がぬるい!
お粥ってふうふうしながら食べるもんじゃないの?
これにはガッカリ。

厨房の方、ちゃんと仕事してください・・・


ライブの方は、初めてイス席確保!やったぁ。
やっぱり仕事終わりの立ち見はキツイっす。

1曲目からいきなり『Birdland』。
え~?!
意表付かれたな。

この前WOWOWでバディ特集をやってたので、初めてオリジナル?を聴いたんだけど
ゴージャスなEMバージョンを先に聴いてしまったからか、すっごい物足りなく感じてしまった。

食事も済ませたし、せっかくなのでドリンクバーでジントニックをオーダー。
さすが大人の社交場BAJ、そこらのライブハウスで出すやっす~いカクテルとは違いました。
休憩に入るや、たちまちグルングルン回りだす・・・
納会で失敬してきたvolvicがなかったら気を失うところでした。

今回はオモシロは殆どなしの真っ向勝負。
何故かみんなソロを終えた後で
“いたずらがバレちゃった子供”みたいな顔してた。カワイイ。
前回観たのはホールだったのでお客さんもおとなしめだったけど
今日はノリが全然いいです。
さらに迫力を増していた『ロッキー』。
もう言葉になりません。
お口ポッカーンです。スゴすぎます。
曲が終わると拍手喝采。そりゃそうでしょう。

ドリーがここ数年行ったいろんなライブの中で、いちばんの歓声だったかも。
やっぱり今年も来てよかったな~

終演後、せっかくなので会場に来てた時任三郎さんを拝ませて頂きました。
お嬢さんとジャズのライブ・・・ステキですねー
相当プライスレスな感じです。

これが今年のライブ納めです。

COUNTDOWN JAPANにも行きたかったけどチケット入手できず。
ドリー的にいちばんツボだったタイムテーブルは大阪31日だったな。
さすがに大阪までは行けないけど。
かなり先ですがM-ONでのOAアリ。楽しみだ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水曜日)

クリスマスの約束 2007

小田さんついに還暦ですよ還暦。
こんな日が来るなんてね~(しみじみ)。
ちなみに昨年の模様はこちら

CMでもおなじみの『たしかなこと』でスタート。
いつものことだけど、食い入るように見つめるお客さんたちの真剣度がハンパじゃない。

続きを読む "クリスマスの約束 2007"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月曜日)

迫力まつげ

クリスマスプレゼントってわけでもないけど、
ヨドバシのポイントで、以前から欲しかったアイラッシュカーラーを入手。

当初はナショナル製を購入するつもりだったんだけど、
店頭で見つけたコイズミ【小泉成器】製品のパッケージと071222_222801_3ネーミングに惹かれまして。

←なんかよさげでしょ?


071222_223001 こちらの特徴は、コームが両側にあって、下まつ毛や目頭、目尻など細かい所のセットができるところ。


ヘアケア製品でお馴染みのコイズミ、店頭では大手メーカー製品に混ざって健闘しているように見えたので、期待を込めて選んでみたんだけど・・・


20分ほど格闘の末
コレひとつで『迫力まつげ』とまではいかなかったわ。
写真のお姉さんみたく、バッサバサになってほしかったんだけどな。

それにしても、あったかくなったコームをまつ毛に当ててるとすっごく気持ちいい。
朝の支度しながらモーレツに眠くなる・・・ダメじゃん!(笑)

両側コームはすごくいいアイデアだと思います。
短いまつ毛もしっかり拾えてる。

ためしに、
コレで根元を立上げ

真ん中~
毛先をビューラーでカール

下地+マスカラ

仕上げにもう一度コレ

てな感じでやってみたら、なかなかキレイに仕上がりました。
やっぱり根元が違うかな。
とりあえず今日はこれでお出かけしてきまっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日曜日)

派遣社員ライフ ~吉と出るか、凶と出るか~

“派遣社員のブログ”の看板を掲げている以上、
やっぱりこの話題をスルーするわけにはいかないかしら?
あんまり触れたくないんだけど(笑)

リクルート スタッフサービスを買収(フジサンケイ ビジネスアイ)

ドリーは2社とも、かつてスタッフとして登録してました。
前者は仕事紹介がさっぱり来なくて、
後者は仕事紹介のシステムに疑問というか憤りを覚えて、
どちらも登録抹消したんですけどね。

ある調査では、顧客満足度ナンバーワンにのし上がったこともあるリクルートが、あの悪評高いスタッフサービスを買収・・・
ドリーとっても心配です。
何事も、大きけりゃいいってもんじゃありません。
中身がスッカスカじゃ意味がありませんから!

リクルートのスタッフさんにとって最大の心配事といったら、

「この買収でリクルートがスタッフサービスみたいな会社になったら??」

に尽きますよね。

リクルートが、
資料を読み上げるだけの仕事紹介電話をしてきたり、
スタッフからの質問に「分かりません」を連発したり、
募集1名の仕事を自社のスタッフ同士で競合させたり、
唐突に髪の色(これホント意味不明)を尋ねてきたりするようになったら・・・
と想像すると、リクルートのスタッフさんがお気の毒でたまりませんわ。

まあでも実際スタッフサービスで稼働中のスタッフさんも大勢いらっしゃるわけで。
随分前ですけど一度、スタッフさんに直撃してみたことがあります。
実際どうなのよ、と。
だけどその方、
「洗脳されてるのか??」ってくらい(笑)、
「この会社が一番イイです(ニコッ)」というクリアーな返答だったので、
こっちも呆気にとられてそれ以上はツッこめませんでした。
ほかの会社を知らなくて、派遣会社って何処もこういうもんだと思ってるのかもしれません。

スタッフにぞんざいで企業(顧客)ばっかり大事にする派遣会社は絶対ダメになりますよね。

確かにしょーもないスタッフさんも若干いらっしゃるんですけど・・・
派遣社員のクチコミ力はすげーんだぞ、なめんなよ!

・・・こんなもんでよろしいでしょうか。

【関連サイト】 リクルートスタッフィング
        スタッフサービス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水曜日)

アニキ永眠

今、すごくヘコんでます。
昼休みにネットのニュースを見てたら
信じられない記事を発見してしまった。
ショックでしばらく放心してました。

「ICE」ギター担当の宮内和之氏死去

数年前、“病気のため”ライブが中止になったことがあった

以来闘病中というのは知ってたけど、そんなに深刻だったとは・・・

いつもオシャレでカッコよくてキラキラしてて、
オトナ達がときめくような、
(本人曰く)「いい雰囲気の音楽」を追求し、提供し続けてくれた。
アー写ではスカしてるけど、人間味のある人って印象。

「飛行機に乗ると(恐怖でフリーズするので)、エジプトの王子みたいになっちゃうんですよ。」

なんて言ってたね


20代の頃に何度かライブにも行ったな。
ギター野郎たちの「アニキー!」って声援がすごくて圧倒されてた。
またライブ行ってみようかな、なんて思ってたんだ。
今朝だっていつものように『Morning Dew』や『Love Makes Me Run』を聴きながら出勤したのに。

しがない派遣社員の日常に色を添えてくれた人の一人がいなくなっちゃって、とっても寂しいです。

『お気に入り』に入れていた公式サイトが見れなくなってたのは、リニューアルで引越してたからだったのか。
お陰で10月にアルバムが出てたの、気付かなかったよ。
あわてて買いに何軒も回ったけど、何処にも無かったのでAmazonで注文しました。
ドリーと同じような人多いだろうな。

Speak Low Speak Low
ICE 宮内和之

chikarajuku factory 2007-10-24
売り上げランキング : 47


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

当分ICEヘビロテになりそうです。

折りしも今日は、東芝EMI時代のアルバム7タイトルが紙ジャケで再発。
タイミングよすぎるよアニキ・・・
まだ聴いてない人はぜひ聴いてみてください。

いい音楽といい思い出をありがとう。


FREEBIRD WEB(公式サイト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土曜日)

さよならみどりちゃん

「ダメダメ。俺、彼女いるから。」


映画『さよならみどりちゃん』に出てくるセリフです。


先に言えよこのヤロー!(怒)



たまには恋愛映画でも観てスイートな気分に・・・
なんて思って借りてみたんですが。

生まれてこの方、
好きな人を独占できたためしがないドリーには
冒頭から胸に刺さるシーンでございました
。はぁ。

ゆうこ(主人公)、許容範囲広すぎ!
来るもの拒まずで、いっつも相手に振り回されて。
観てるこっちが
「いいかげん断れよ、もう!」
ってイライラする。

原作はコミックらしいんだけど、読んだ人に言わせるとずい分イメージ違うみたいね。


ゆうこを夢中にしているのが、
自分勝手で軽薄なユタカ。
相当屈折してるよコイツ。
でもものすごい繊細な男なんだろうな。
人との距離を縮めたくなくて、不誠実に振る舞って

自分が傷つくより先に、相手を傷つけてしまうんだろうか。
だとしたら、分からなくもないけど。
表情ひとつ変えず次から次へ下される過酷な指令に困惑しながらも、ユタカが好きだから従うしかないゆうこ。
一体これは何のシゴキなのかと思う(笑)。
アタシじゃとても付き合いきれません。
そんなにいいか?この男。

まぁ、好きなもんは好きなんだよねぇ・・・

重くなりそうな話を、『スナック有楽』のシーンが程よくユルめてくれる。
新人ゆうこに淡々とホステスの心得を説くママがおかしかったな。
BOSEのくだりには笑った。

それにしても西島クン、
髪型ず~~~っと同じだね(笑)

ユタカの元カノ、リカ役の子
どっかで見たな~と思ったら『GTO』のみやび(中村愛美)じゃん!
あんまりにもバカ女役が板についててびっくりしたよ・・・

全体的にフワフワした感じで流れてくのはゆうこ役、星野真理のなせる業なのか。
彼女の、のほほんとした語り口や
どこにでもいそうな顔立ちや
小さなバストがリアリティを倍増させてると思う。
この役を巨乳アイドルとかがやってたらVシネちっくになっちゃうね、多分。

それゆえに、男子目線だと消化不良な感じかも(笑)
とりあえず女子にはおすすめする!

さよならみどりちゃん さよならみどりちゃん
星野真里 西島秀俊 松尾敏伸

ハピネット・ピクチャーズ 2006-02-24
売り上げランキング : 2573
おすすめ平均


Amazonで詳しく見る by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日曜日)

クリスマスソングいろいろ

あーあ。あっという間に12月になっちゃった。

今年もトライセラの『FEVER』聴いてます。

B000RG14YS DON’T STOP THE NOISE! ~The Best Singles & B-Sides 1997-2007~
TRICERATOPS 和田唱 ガス・カーン
ビクターエンタテインメント  2007-07-25

by G-Tools
ドリーは何故かわからんけど師走をイメージしてしまうこの曲。
そういや昨日は誕生日だったね。
おめでとう、唱くん。

Orange_4ボニーちゃんの『オレンジ』 はクリスマスソングってことでいいのかな?
まだビジュアルが少年だったねこの頃。

それから嶋野百恵の『apple』。
彼女の曲は好きでよく聴きます。

搾り出すような独特の歌い方は決して上手いというわけでもないし、笑っちゃうくらい意味不明なデタラメ英語続出・・・でも許せるのはなんつっても詞がいいからです。

10年くらい前、古内東子が“恋愛の教祖”(笑)とか言われてたけど、もっとエロ・・・じゃなかった官能的に、生々しく描いた感じ。
恋愛依存気味でドMな主人公が繰り広げるヘビーなラブストーリー。
ドリーはドS+ツンデレなんだけど・・・
あ、そんなこと聞いてないですね。

あっ、でも杉本彩師匠曰く、「Sの人はMの人が喜ぶことを知りつくしているのだから、ドSこそ究極のドM」なんですってよ。

話、戻しまーす。

彼女の曲名や歌詞に登場する変な英語は、ファンの間ではもはや独自の言語として受け入れられてるみたい。例えば、昨年リリースされたベストアルバム『abstract carrer』で
abstract career Momoe Shimano Ultimate Best&Mo’ abstract career Momoe Shimano Ultimate Best&Mo’
嶋野百恵 松尾潔 坂間広平

ポニーキャニオン  2006-01-18
売り上げランキング : 47498
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
唯一の書き下ろし、1曲目の『Black Eyes』。
恐らく“彼の黒い瞳”とかをイメージしたんだろうけど、英語圏では殴られた時などに目の周りに出来る青アザのことを指します。
「ついにDVを題材にした歌が・・・!」と恐る恐るプレイボタンを押すと聴こえてきたのは、都会的かつ軽快なイントロでした。
♪受話器越しは午前2時、だった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »