« 七尾製菓 フレンチパピロ | トップページ | 花梅 備長炭焼梅 »

2007年2月25日 (日曜日)

小林正弘 One Night Jazz Orchestra

2月24日土曜日、新橋SOMEDAYにて。

花粉シーズン真っ只中。
非常に多い”の日に外出するのは自殺行為に近いんだけど、BIG BANDどうしても観たかったので・・・薬でメロメロになりながら新橋へ。

えらい混んでて立ち見のお客さんもいる。やっぱり予約しといて良かった~。
楽器を手にした学生さんらしきグループが多い。そっか、小林先生の仕事を見に来たのね。

今回はCount Basie Niteだそうですよ。(←よく分かってない)
“Request Menu”と称したアンケート用紙が配られていて、ここにリストアップされている14曲の中から2nd Stageで演奏して欲しい曲を募っていたけど全然わかんない(笑)。学生が多いだけあって、みんな結構素直に書いてた。みなさんにお任せします。

そういえば今日はフッシーも出るんだったっけ。
久々に小林ブラザーズが並んだところを見たけど、やっぱりよく似てるなー。
口をキュッと結んだ時の口角の下がり具合とか。


今回のMCも、教え子がたくさん来ていることもあって、なんだか講義を受けている
感じ。ちょっと学生気分。

小林先生が次に演奏する曲目を紹介するたび、客席後方からは

「Yeah~!!」

の大歓声。欧米か!
でも、実際ガイジンのお客さん多かった。

休憩中トイレ待ちをしていると、楽屋前にはお手伝いの若者(学生さん?)達が集結。
凄まじい勢いでさっきのアンケートを“”の字で集計中。
あらま、とってもベタな方法で集計してんのね。な~んだ、アタシらの時代と一緒じゃん。
なんかほっとする。

ドリーの近くにいた学生クン、ずっと口をポッカリ空けたまま食い入るように観ていたのが印象的だったなぁ。
年配の女性、おそらくドリーの母、いやそれ以上かもしれないという感じの方(でもとってもお洒落でお上品)もチラホラ。子どもも居たしホント幅広い層のお客さんでいっぱいで、移動するのもひと苦労。

さっそく2nd Stageではアンケートの結果を5位からカウントダウン形式で発表。これ、演奏する方は大変だよなぁ。
でも「ダントツだった」という1位の曲(Hearts Onだったっけ?)が選ばれたのは聴いてナットク。キメキメ!若者はやっぱこういうの好きだよね~

アンケートと同時に順位当てクイズもやっていて、正解率1位の方は3月に他店(BAJかな?)でやる小林さんのライブにペアでご招待の権利を獲得。いいなー。

と、そんな感じでなんかパーティみたいで賑やかなライブだった。とっても楽しかったー。

金曜日『僕らの音楽』に出てたの小林さんだよね?かなりアップだったけど。
林檎ちゃんに負けないくらいカッコよかったス・・・

|

« 七尾製菓 フレンチパピロ | トップページ | 花梅 備長炭焼梅 »

ライブ・イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林正弘 One Night Jazz Orchestra:

« 七尾製菓 フレンチパピロ | トップページ | 花梅 備長炭焼梅 »