« 11月12日生まれの有名人 | トップページ | 第4回目計量&越後製菓 »

2006年11月18日 (土曜日)

レーシック 術後1ヶ月検査

毎週金曜は夜更かしするので、土曜といえば大抵昼ごろまで寝ているドリーだけど、今日は珍しく早起き。
毎年恒例になった、インフルエンザ予防接種を受ける。
もう5年くらい通っているクリニックなのに、毎回ドクターに「始めまして」って言われるのはちょっと寂しい(笑)。

そのあと、
LASIK【レーシック】手術から1ヶ月経過したので、定期検査のためK戸クリニックへ。

術前0.05だった視力は、両目とも1.5まで回復。
“にじむような、かすむような”感じ(ハログレ)は術後10日くらいからあまり気にならなくなった。
“見える”感動に限って言えば、コンタクトレンズを初めて装着した時にはかなわないけれど、
24時間裸眼で過ごすことは期待していた以上に快適だった。
男性には分からないだろうけど、近視女性の皆さんには共感してもらえると思う。

今一番嬉しいのは、パックしながらテレビが観られること!

海外ドラマが大好きなドリー。作品の“空気”を感じ取りたいので、できれば字幕版で見たい(字幕なしで理解できればベストなんだけど)。
裸眼0.05で字幕・・・手元すら危ういんだから無理に決まってる。
だからパックしている間は何もできず、ただじっとしているしかなかった。ちょっとのつもりで横になってたらそのまま寝ちゃった、なんてこともしょっちゅう。
テレビを観ながら眠りにつくのも長年の習慣。
以前はよくメガネをかけたまま眠ってしまい、「グシャッ」とやってしまった。

今では、お風呂上がりにお顔の手入れをしながら好きなドラマを見るのが日課に。

さらに嬉しいのは、『魔のスポット』が手入れできるようになったこと!

魔のスポットとは、メガネのノーズパッド(鼻あて)が当たる場所。化粧品が落ちやすいためどうしても手入れが行き届かず、いつもざらついていたけど、これも解消しつつある。
歳を重ねるごとに取れにくくなっていた”メガネあと”を隠すために、ファンデを厚塗りする必要もなくなった。

ひとつひとつは他人から見たら些細なことでも、それまで「目が悪いから」と当たり前のように妥協していたことが問題なくできるシアワセを実感する今日このごろです。

|

« 11月12日生まれの有名人 | トップページ | 第4回目計量&越後製菓 »

レーシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーシック 術後1ヶ月検査:

» 近視 [コンタクトレンズのマメ知識]
近視近視(きんし)は、屈折異常のひとつで、眼球内に入ってきた光が網膜上の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態。近眼(きんがん)ともいう。遠方視の場合に、屈折機能が無限遠まで対応できないためはっきり見ることができない。逆に近方視の場合は支障は少ない。近視は屈折の問題であり網膜や視神経...... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日曜日) 15:48

» オルソケラトロジーはレーシックとは違い手術を必要としない視力回復法である。   [オルソケラトロジー視力回復法]
オルソケラトロジー(Orthokeratology)とは、あまり聞きなれない言葉だと思いますが、特殊なカーブをしたハードコンタクトレンズを装用することで角膜、つまり目の表面の形状を矯正して、おもに近視などの眼科的屈折異常を治療する角膜矯正療法のことである。 [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火曜日) 20:52

» レーシック体験談 [レーシック体験談集まれ!]
レーシック体験談 [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水曜日) 17:18

» 近視治療レーシック [近視治療レーシックで眼鏡、コンタクトにさよなら]
近視治療のレーシックで簡単に視力を取り戻せ!!メガネ、コンタクトとおさらば。 [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土曜日) 14:24

» レイシック [レイシック視力回復]
レイシックで視力回復を考えている方のためにレイシックのお悩み解消 [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水曜日) 04:58

» レーシック視力矯正方法 [レーシックで視力回復、レーシックで時間短縮]
コンタクトレンズに代わる新しい視力矯正方法です。 [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日曜日) 15:16

« 11月12日生まれの有名人 | トップページ | 第4回目計量&越後製菓 »