« ボニーちゃん in 渋谷公会堂 | トップページ | 経過観察 ~眉間ボトックス~ »

2006年10月 7日 (土曜日)

一度やったらやめられない?!

某美容クリニックにてアンチエイジングの施術、いわゆる“プチ整形”をした。
歳を重ねると、努力と根性だけではどうにもならない事もあるのだ。


受付を済ませると、まずドクターによるカウンセリング。医学的な説明を交えて提案された選択肢のなかから、次はカウンセラーと金額的なことも含め説明を聞き、施術方法を決定。

今回ドリーは、鼻唇溝【びしんこう】(一般的に“ほうれい線”と呼ばれる)を埋めるヒアルロン酸注入と、眉間のシワをこれ以上深くしないためのボトックス注射をオーダーすることに。

料金設定は、

ボトックス   :“1ヶ所いくら”
ヒアルロン酸 :“1本いくら” →シワの状態から最適の銘柄?を選び、必要(と思われる)本数購入し、ドクターに注入してもらうというイメージ。

ひとくちに“ヒアルロン酸”といっても、注入する部位やシワの深さによって多種多様なのだ。
ドリーの場合、“レスチレン”を勧められた。シワが深いらしく(泣)、1本だと足りないかも・・・ということで、やり直しはイヤなので思い切って2本をオーダー。もし余ったら半年間はキープしておいてくれる仕組み。

説明を聞き、同意書にサインし、支払いを済ませ、待合室(個室)で待つ。


ほどなくして手術室へ。

はじめに、“使用前”写真の撮影。ネームプレートを胸の前に掲げ、犯罪者みたい(笑)。
施術箇所にマーカーで印をつけた後、手術台に横になり、施術開始。
麻酔の注射数回の後、いよいよヒアルロン酸登場。
「目を閉じていて下さい」と言われたためその正体は確認できず。
10回は刺されただろうか。徐々に麻酔が効いてくるので、注射特有の痛みを感じるのは麻酔の時くらい。
続いてボトックスを6か所に注入。

ひとしきり注入すると、今度は座った状態で、ドクターが正面から全体の仕上がり具合をチェックしつつ微調整。ここでも数回注入。
再び横になり、今度は注入したヒアルロン酸を馴染ませるため?引っ張ったり延ばしたり、マッサージ。
ここでまた仕上げの注入。予想よりはるかに丁寧な施術。結局購入した2本は使い切った。

施術終了。
手鏡を渡され、“使用後”の自分と対面。


「おおーっ!」

埋まってる。溝が埋まってる。

ドリーの場合、少しだけ内出血(数日で消える)があったが、鼻の下に出来た吹き出物の方がよっぽど目立つ(恥)。
ボトックスの効果が現れるのは2~3日後だそう。
この時点での仕上がりには、満足。

施術後6時間くらいで麻酔が完全に切れたらしく、少々痛みだした。
そりゃそうだ。注射針で何十回も刺したんだから、何でもない方がおかしい。

ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されてしまうため、もって半年だそう。そしたらまた使用前の顔に戻ってしまう(泣)。
どうしようか?半年後・・・

|

« ボニーちゃん in 渋谷公会堂 | トップページ | 経過観察 ~眉間ボトックス~ »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一度やったらやめられない?!:

« ボニーちゃん in 渋谷公会堂 | トップページ | 経過観察 ~眉間ボトックス~ »