« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の記事

2006年10月30日 (月曜日)

買い物3本柱その3 ~そっとしといて。GAP~

シリーズ3話のラストは舶来ものGAP【ギャップ】

元気でフレンドリーな店員さんたちが特徴。
これがなければもっと行くんだけど(笑)。

ここの狙い目は子ども用のGAP KIDS【ギャップ・キッズ】

身長156センチと小柄な上に幼児体型のドリーは、このシリーズの一番大きいサイズがちょうど良い。パンツも切らないで履ける。
かわいい系、ポップ系がお好きなら、大人用よりこっちのデザインがおすすめ。

続きを読む "買い物3本柱その3 ~そっとしといて。GAP~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日曜日)

買い物3本柱その2 ~安くて悪いか!UNIQLO~

色とりどりのフリースで一時は一世を風靡したUNIQLO【ユニクロ】
ここの特色といったらまず“安さ”でしょう。

はじめはホームウェアとして、「安いから着倒して捨てよう」くらいに思っていたけれど、なかなかどうして、お値段のわりに縫製がしっかりしているから意外に耐久性あり。

とにかくドキドキせずに洗濯機に放り込める。で、ガランガラン洗っても、型崩れしにくい。

これからだんだん寒くなってくるけれど、冬ファッションの最大の悩みといえば、なんといっても“毛玉”
おしゃれなセーターも、毛玉だらけじゃ台無し~
かといって、高いセーター買えば毛玉ができないって訳でもない。
こればっかりは、着てみないとわからない。

で、見つけましたよ。毛玉ができにくいやつ、UNIQLOで。

ウォッシャブル(洗える)ニットシリーズ

続きを読む "買い物3本柱その2 ~安くて悪いか!UNIQLO~"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月28日 (土曜日)

買い物3本柱その1 ~アイラブMUJI~

プロフィールに“興味のあること=無印良品”と書いておきながら、本文中でまだ一度もMUJIのことに触れてなかった。

ドリーはファッションには興味があるが、着るものにはお金をかけない主義。
かつては“一生モノ”と言われたようなアイテムでも、シーズンごとにどんどん移り変わるこのご時世、いちいち追いかけてたらドリーなんて即、破産です。
高価なものが良いのは当たり前。
いかにお金をかけずおしゃれができるか、がドリーの追求するところ。
おウチで洗えるか、も重要なポイント。

流行を少しだけ取り入れてみたり、バーゲンの時はたまに奮発することもあるけれど、ベースは
MUJIUNIQLOGAP・・・これが今のドリーのお買い物3本柱。
それぞれの特色を生かしきれているかはわからないけれど、ドリーはこんな風に利用している。

続きを読む "買い物3本柱その1 ~アイラブMUJI~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火曜日)

小林正弘 FAREWELL & WELCOME Special Nite

狂乱の?米米ツアー終了の翌日、今日もこれまた米つながり。
ラッパ吹きFUSSY【フッシー】小林のお兄さん、
小林正弘さんのライブ“FAREWELL 40's Special Nite”に行くため、米米の後遺症(=筋肉痛→はしゃぎ過ぎ)に襲われつつ、雨の目黒へ。
タイトル通り、明日がお誕生日の小林さん、40代最後のライブ。

Sing Like Talkingのライブで小林さんを知って以来、SOURCE、KICKSなどのライブに行ったけど、ここしばらくご無沙汰していた。
今日久しぶりに行こうと思ったのは、主役の小林さんはもちろんだけど、スペシャルゲストとして中学生の頃よく聴いていた山本達彦さんが出演すると聞いたから。

他の出演者もみんな豪華。

続きを読む "小林正弘 FAREWELL & WELCOME Special Nite"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日曜日)

マツリのあとで ~米米CLUB再会感激祭~ 

Sn360030 いよいよキター。
9年ぶりの米米。

チケットにプリントされた、“5歳以上有料。5歳未満膝上無料(座席が必要な場合は有料)”なんて注意書きが、月日の流れを実感させる。

今回は2メニュー。
ファンなら両方行くのが当たり前。
必須アイテム、ハンカチと扇子の用意もばっちり。

会場の横浜アリーナに着くと、いる、いる。コスプレ族の皆様。
この日の為に生きて来ましたってくらい、皆さん真剣です。
この方たち見ると、「来たんだなー」って実感する。
かつてはドリーも、めぐみちゃん(=博多めぐみ→初期に脱退したギタリスト。21日マエノマツリ編でゲスト出演)の衣装に似た服を探してはライブに着て行ってたことを今、思い出した。

Sn360032土日ということもあり、客席を見渡すと、まあお子様連れの多いこと!
はしゃぎまくるパパ、ママをきょとんとした顔で見ている。かわいいね。

お嬢様方も、心なしか、自分を含め全体的に横幅3割増くらいですか、ね?(汗)
お互い、いろいろありましたよね・・・

いや、そんなことより、

続きを読む "マツリのあとで ~米米CLUB再会感激祭~ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土曜日)

ついにやったよレーシック

先日、LASIK【レーシック】という視力回復手術(正しくは、“視力屈折矯正手術”)を受けた。
最近周囲で近視仲間が続々とこの手術を受け、興味はあったけどビビってなかなか決断できなかった。
ちょうど使い捨てコンタクトの在庫切れと休暇のタイミングが重なったので、勢いで決行。

当初安さが自慢のS川クリニックを受診するつもりだったのだけど、Webから申し込みをすると、自動送信の『追って連絡します』メールが来たっきり、いつまで経っても音沙汰がない
ドリーはこういうところ結構シビアなんで、急遽職場のMさんに聞いたK戸クリニックに変更!
事前にネットで検索しまくって勉強したので、予備知識はバッチリ??
レーシックを思いっきりシロウト的に説明すると、

「目玉の表面をちょこっとスライスして、そこにレーザー当ててフタをする。」

みたいな事。
こう聞くとすごーく怖そうなんだけど(笑)

適性検査、術前検査と順調にクリアし、いよいよ手術当日を迎えた。
日帰りとはいっても手術は手術。
しかも目とくれば、自分でも気づかないうちにナーバスになってくる。

続きを読む "ついにやったよレーシック"

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2006年10月20日 (金曜日)

第3回目計量

早っ!
忘れてた!!


いつのまにやら3回目。

案の定、
前回の結果に安心し、心も身体も食生活も緩みっぱなしのこの1ヵ月。
ああ、絶対ダメだ、今回。

気がすすまないけど、じゃあ彼に登場してもらいますか。

続きを読む "第3回目計量"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月18日 (水曜日)

ドクターHOUSE

アメリカのTVドラマ“HOUSE【ハウス】

House_1FOX TVのキャッチコピーは『アメリカ版ブラックジャック』。
型破りだけど医師としては抜群のカンを持つ“ハウス先生”のお話。

アメリカでは、医療ドラマとしては視聴率でも“ER”を抜き人気沸騰中。
2005年エミー賞でドラマシリーズ部門脚本賞を受賞し、今年も作品賞ほかにノミネートされた(受賞したのは“24”)。

続きを読む "ドクターHOUSE"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月17日 (火曜日)

OH!マイ80’s ~SHEILA MAJID~

ボニーちゃんが10周年なら、この方は20周年。

マレーシアのシンガー、SHEILA MAJID【シーラ・マジッド】。
(“シェイラ”と表記されることもあるが、現地の人は「シラマジッ」と発音していた)
バリバリ現役の彼女を“80’s”コーナーで紹介していいものか迷ったけど、彼女との出会いがこれまたバブルの最中だったので。

好景気に浮かれていた日本ではこの頃、「アジアン・ポップ・ブーム」なんてものが静かに巻き起こっていた。
現在の“韓流”、“華流”とは異なるもので、その対象は主に「東南アジア」。
シンガポールのDICK LEE【ディック・リー】を筆頭に、多くの歌手たちが続々と日本デビューを果たした。

続きを読む "OH!マイ80’s ~SHEILA MAJID~"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 9日 (月曜日)

経過観察 ~眉間ボトックス~

プチ整形のその後。

注入直後の眉間には蚊に刺された時のような
プクッとした腫れが出て、その日のうちに治まった。
麻酔が切れた後、少しだけ痛みがあったけれど、翌日目覚めた時にはもうスッキリ。

施術直後に効果が実感できるヒアルロン酸と違って、ボトックスはその効果が現れるまで2~3日かかるから、それまでおとなしく待つようにと説明があった。
素直な患者様ドリーがこの間、眉間を動かさないようどれだけ注意を払ってきたことか。

さて、そろそろ動かしてもいい?

続きを読む "経過観察 ~眉間ボトックス~"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月 7日 (土曜日)

一度やったらやめられない?!

某美容クリニックにてアンチエイジングの施術、いわゆる“プチ整形”をした。
歳を重ねると、努力と根性だけではどうにもならない事もあるのだ。


受付を済ませると、まずドクターによるカウンセリング。医学的な説明を交えて提案された選択肢のなかから、次はカウンセラーと金額的なことも含め説明を聞き、施術方法を決定。

今回ドリーは、鼻唇溝【びしんこう】(一般的に“ほうれい線”と呼ばれる)を埋めるヒアルロン酸注入と、眉間のシワをこれ以上深くしないためのボトックス注射をオーダーすることに。

料金設定は、

続きを読む "一度やったらやめられない?!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木曜日)

ボニーちゃん in 渋谷公会堂

じゃなかった。
『C.C.Lemonホール』に変わったんだっけね。
“渋公”の呼び名に愛着があるから、違和感あるなぁ。
改装されてだいぶキレイになってた。

このホール、どの場所からも観やすくて好き。

思えば、初めて“生ボニーちゃん”を観たのもここだった。
20世紀もあと数日で終わりという年末、ラジオ局主催のイベント。
複数のアーティストが出演していた。

実は“ト○イセラ”目当てで来ていたドリー。
ところがその日、トリを飾ったボニーちゃんの名曲『Heaven's Kitchen』を生で聴き、その迫力とカッコ良さにたちまちノックアウト。
いや、ト○イセラも良かったんだけど・・・(笑)

本題。


『BONNIE PINK Tour 2006 "Under The Perfect Sky"』の再追加公演。

続きを読む "ボニーちゃん in 渋谷公会堂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日曜日)

CSI × タランティーノ

アメリカの人気TVドラマ、“CSI”第5シーズンのファイナル2話。
#24(前編)、#25(後編/次週放送)はあのタランティーノが原案・監督として携わる。

CSIは本家ラスベガスシリーズのほか、スピンオフシリーズとしてマイアミ、ニューヨークの計3シリーズが製作されている。
ドリーは本家本元、ラスベガスシリーズが一番のお気に入り。
なんといってもキャストが最高。それぞれがキャラ立ちしてて感情移入しやすい。中でもキャサリン、シビれます。マイアミシリーズの検死官アレックスもポイント高いけどね。
が、実はレギュラーキャスト以外にドリーがごひいきにしているのが・・・


アーチー!

Headshot_archiekao
Archie Kao。彼はラボの職員の一人で、音声・画像などの分析をするArchie役(役名もそのまま)。
たまにチョコっと出てくるんだが、これが楽しみで(笑)。
このタランティーノシリーズでは、今までにないくらいの長セリフ!上司に研究費を増やしてくれと詰め寄るシーン。
アーチーってそんな仕事熱心なキャラだったっけ?あんまり必然性ないように感じるけど・・・さては監督に気にいられたか?よかったねアーチー!

“CSIのアーチー”ではなく役者Archie Kaoは今年、映画『Fast Money』に主演。現在アメリカは元よりオーストラリア、カナダなど各地のフィルムフェスで続々と上映されている。(ドリーはまだ観ていないけど)

ERにも研究職のドクター役で出てたね。なぜかいつもオタッキーな役・・・

後編にも登場。乞うご期待。
頑張れニック!

[関連サイト] 『Fast Money』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »